次回、仮面ライダージオウ EP41『2019:セカイ、リセット』あらすじ速報。時間改変、アナザージオウが支配する世界(゚∀゚)キター!




EP41「2019:セカイ、リセット」
https://www.tv-asahi.co.jp/zi-o/next/

 未来の世界でオーマジオウと戦っていたソウゴ(奥野壮)だったが、何者かが時間の流れを改変。ふと気づくと、「常磐ソウゴ初変身の像」も加古川飛流(佐久間悠)に変わっていた…。

 2019年の現代に戻ったソウゴだったが、そこではゲイツ(押田岳)とツクヨミ(大幡しえり)がレジスタンスとしてアナザーライダーと戦っていた。

ソウゴもジオウⅡに変身し合流するが、なんとライダーゲイツが襲いかかってきた。ゲイツもツクヨミもソウゴのことなど知らず、“大魔王ジオウ”は彼らの前では敵でしかないようだ。

 戸惑うソウゴを、遠くから見つめる飛流がいた。これでゲイツらはソウゴを倒すべき敵として狙うはず。

不敵な笑みを浮かべる飛流のそばには、「この世界はあなたの思いのままに」と恭しく接するスウォルツ(兼崎健太郎)が。アナザージオウⅡウォッチを手にする飛流、そしてスウォルツの狙いとは!?





第41話 「2019: セカイ、リセット」
https://www.kamen-rider-official.com/collections/20/41

あらすじ

グランドジオウ 対 オーマジオウ!!

全ての平成ライダーの力をかけて駆使した激しい戦い。だがソウゴの力は、オーマジオウに及ばない。その理由は全てのウォッチを集めたわけでは ないからだとういう……。

時の流れが乱れているーー?ソウゴが戻ったのは2019年だったが、何もかもが変わっていた。

クジゴジ堂では、叔父さんがソウゴを知らないという。ゲイツもツクヨミもソウゴを敵とみなしていた。そして、銅像の中心には、加古川飛龍が君臨しており・・・。

HIGHLIGHT

2週間のご無沙汰でした。

40話、何というか、『電王』ノリなエピソードでした。イマジンたちがわちゃわちゃしてるのもそうですが、タイムトラベルという仕掛けをハートウォーミングなお話に落とし込むのが電王っぽいんですよね。

同じ時間モノでも、本来『ジオウ』はちょびっとだけハードめではありまして。

というわけで、時間モノといえば一度はやらねばの歴史改変モノ。オーマジオウとの決戦から戻ったソウゴを待っていたのは、敵に支配されてしまった世界。

クジゴジ堂もレジスタンスの拠点化してたり。支配者として君臨しているのは、加古川飛流。ソウゴを逆恨みし、アナザージオウとなってケンカを売ってきたあの彼です。

28話。

飛流を撃破したソウゴは言いました。

「きっと俺も飛流も乗り越えられるって。あの過去の日から。だから、過去のためじゃなく、今のために生きようよ」

主人公らしい前向きなセリフ……ですけど、これ、言われた側からしたらザッツおまいう。

逆恨みが真の恨みへと進化し、彼自身もまたアナザージオウⅡへとパワーアップ。もちろんその裏にはタイムジャッカーたちの影。スウォルツの陰謀もしだいに明らかになっていきます。

風雲急を告げる41話。お楽しみに!

(文責・白倉伸一郎)

逢魔余聞

EP40「2017:グランド・クライマックス!」ご視聴ありがとうございました!!!電王編ありがとうございました!!!!グランドジオウ。強すぎます!!!!

むちゃくちゃでしたね。(グランドジオウの音声もめちゃくちゃ長すぎます!!!)歴代の仮面ライダーを召喚!

詳しくいえば、各作品の放送中の時空を切り取っての召喚!オーマジオウにも匹敵するんじゃないかという、強さの片鱗が十分すぎるほど伝わってきました。

果たして、オーマジオウに通用するのか、どうなのか。そんなグランドジオウの強さを演出されたのは…柴﨑監督です!

オーズ編での、キックシーンが、今回も使われていたので、気づいた人もいらっしゃったのではないでしょうか。

グランドジオウを、どうカッコよく見せるかを最大限に引き出してもらったかと思えば、タロスたちイマジンのコミカルでキャッチーな面白さも、あますところなく、演出いただきました!!!
※写真は中村優一くんのオールアップにて

さて、ジオウも次回で41話を迎えます。ここで、ついに、あの男がカムバックです!!!

次回もお楽しみに!!!






この記事へのコメント

Amazonゲームランキング