次回、仮面ライダージオウ EP40『2017:グランド・クライマックス!』あらすじ速報。公式『グランドジオウはありがたいのです』いやドライブはどこよ?6月16日はお休みです


D8lE-rgUcAAJgSL.jpg

EP40「2017:グランド・クライマックス!」

 ソウゴ(奥野壮)はモモタロス(声・関俊彦)から、最強の力・グランドジオウウォッチを受け取るが、ソウゴを“世界を破壊する魔王”と言い張る侑斗(中村優一)が阻止。

ソウゴはウォッチをモモタロスに取り返されてしまう。

 ソウゴらはユキヒロ(重徳宏)から、今は亡き恋人の弟・タクヤ(後藤大)がユキヒロを恨み、アナザー電王となってしまった事情を聞く。

そのきっかけとなった過去は2017年。ゲイツ(押田岳)、ウォズ(渡邊圭祐)、そしてモモタロスはタイムマジーンで2017年の世界へと飛ぶ。

 ゲイツらと別行動をとったソウゴは、アナザー電王が現れた2017年の世界で当時のタクヤと会い、ユキヒロの思いを説明しようとするのだが…。





【あらすじ】

電王ウォッチを手に入れたことにより、ソウゴの手にグランドジオウウォッチが誕生した。
全ての平成ライダーの力を集めた、最強の力を秘めたウォッチ。
だが、ソウゴを魔王と警戒する桜井侑斗とデネブの介入により、グランドジオウウォッチは消えてしまった。

クジゴジ堂に戻ったソウゴたちは、アナザー電王、タクヤが何かを強く願っていたことを知る。
その願いが叶う時、イマジンとの契約が完了するというのだがーー。

【HIGHLIGHT】

電王に番組が乗っ取られる、と身構えてたら、なんと乗っ取られたのはデンライナーの方でした。
モグライマジンもまた過去へ。
事件を追って、いよいよタイムトラベルが始まる──

──というところで放送は1週お休み。
電王編らしく、次回40話は、時を越えてお送りします。

新フォームのグランドジオウ、すでに39話でチラ出ししてるので(玩具CMや幼児誌でも)、だいたい分かった気がしますよね。
いやいや、侮ることなかれ!
時間軸上は40話が初登場。

グランドジオウの真価とは?
……とにかく「ありがたい」こと。

グランドジオウの出番になると、スタッフ一同が自然と手を合わせます。不謹慎ながら「ご導師ご入場」状態。しずしずとグランドジオウが現場に進むにつれて、合掌の波が……。

そのグランドなありがたさ、ご堪能ください。

というわけで、ついに全てのウォッチが揃ったわけですが。
あれ?

たしか39話冒頭でも「ウォッチが残り2つ」と言ってたはずでは? 

ああ、でも、ドライブウォッチはもう持ってるから、(冬映画でももらいそこねた)電王ウォッチさえゲットすれば、ウォッチ20個揃ったことになるのか。計算は合ってますね。

あれ? じゃあなんで集めろと言ったの?

その辺のとこも、明らかになるやならずや?! お楽しみに!

(文責・白倉伸一郎)

【逢魔余聞】

EP39「2007: デンライナー・クラッシュ!」ご視聴ありがとうございました!!!

冬の劇場版「仮面ライダー平成ジェネレーション Forever」では、もらっていなかった電王ライドウォッチ。
その電王編がはじまりました!!!

ゲストは、ジオウシリーズ二度目の登場となる中村優一さん!
思わず、ソウゴが確認していました!!!
今回は、桜井侑斗です!!!!!

そして、そして、たっくさんの、イマジンズ!
モモタロス、ウラタロス、リュウタロス、キンタロス、デネブと大集合!!!
タロスたちによる、クジゴジ堂での撮影時は、もう賑やかで賑やかで、笑いがたえませんでした。

そんな電王編の撮影が始まる遙かなる前。
奥野くんに、ひとついわれたことがあったのです。
それは・・・”もし、電王編でモモタロスたちが来たら、憑依させてください!!!!”と。

結果としては・・・・ごめんなさい!奥野くん!
ただ、奥野くん、今回、モモタロスにも負けないほどの、熱い熱い憑依され願望があったのでしょう。
撮影を前にしての、押田くんのモモゲイツのメイクテストの時。押田くんが赤いエクステをつけ、髪を逆立てていたときに、自分も!と、モモソウゴをやってみていたのでした。

奥野くんは、”ふたりのソウゴもやったし、幽霊にもなったし、裏ソウゴもやったんだから、そんなに気落ちしなくていいじゃない・・・”と言われておりました。モモタロスたちとの共演を存分に楽しんでいました。

憑依されたといえば、ぼくたちの大好きな、あの人も、憑依されていましたね!
そうです!順一郎おじさんです!!!
なんと、憑依したのは、リュウタロス!

これには、脚本が完成したときから、スタッフみんなが楽しみにしていました。
生瀬さんが、突然、”答えは聞いてない!”というだけで、面白いじゃないですか!

その楽しみとともに、順一郎さんの前には、ジオウシリーズにとって、史上最大の修理物、デンライナーがあるのです。
時計みたいなもんだ、と言われていましたが・・・こんな大きなモノを直すには、それ相応のテンションが必要なはずです!リュウタロスにすべてを託したのでした。
ご覧頂いたように、順一郎はハイテンションで修理に向かったのでした!

生瀬さんも、ハイテンション!キメキメでしたね!

撮影前の生瀬さんは、ダンス経験のある押田くんとダンスのフリに関して話していたかと思えば、メイクさんたちにリュウタロスをセットされ、目まぐるしく、現場へゴー!!!

長いエクステを、フー!と吹き上げながら、デンライナーへゴー!!!しまして、気づいてみると、あっという間にデンライナーを直してもらったのでした!!!!本当に、楽しそうな順一郎おじさんをみていると、いつものことですが、嬉しくなります。今回、あらためて、大好きになりました。

少々、脱線しましたが、賑やかな電王編。来週はお休みですが、後編へ、ゴー!です。

いったい、グランドジオウのさきに待っているものはなにか。

次回も、かーなーりお楽しみにお待ち下さい!





この記事へのコメント